soine

毎日、夕食や入浴を済ませてリビングでゆっくりくつろいだ後、
だいたい決まった時間に一緒にベッドに入ります。

そこまでは仕事からプライベートへの切り替えに
必要な時間なのでベッドに入ってから
初めて「今日どうしよう?」と考えます。

普段ベッドに入る時は既に眠くて仕方がない状態なので、
おやすみのチュッをして手をつないで眠ります。

でも、ちょっとそんな気分の時は
なかなかおやすみが言えません。

チュッとしてしまうと
寝るのを許すという事になってしまうのです。

うちはどちらも相手の様子を察して動くタイプなのですが、
こういう時はお互いになかなかはっきりと
言葉で自分からは言いません。

わざと手をつながないで、
眠いのに眠れないような雰囲気を醸し出して、

寝る準備をしつつ、
こちらの様子を気にしている旦那さんに背中を向けたり
枕の位置を変えたりします。

面倒な事にうちの旦那さんは、
あまり堂々と張り切っているような雰囲気は
興醒めしてしまうタイプなので、

あくまでも私は、
その気になっているのに羞恥心やプライドから
口に出す事が出来ないでいるという設定でいきます。

やっと「眠れないの?」と声をかけてくれたら
「大丈夫。」と答え、いつものおやすみのチュッではなく、
少しだけゆっくり長めにキスをします。

そのまま顔を離さないで眠ろうとするフリをしながら、
なんとなく唇が当たってしまうようにキスを繰り返していると
徐々にディープなキスになってくればほぼ成功です。

 

ベッド専用香水リビドーロゼの詳細はこちらから
↓↓↓
リビドーロゼ

おすすめ記事