夫婦の営みは夫婦生活を円満に送るためには非常大切なことです。

しかし妻のほうから誘うというのはやはり抵抗がある人が多いようで、
なかなか男性のようにストレートに誘うことは難しいようです。

色々と調べてみますと、妻から誘う場合に多い方法は、
相手の体にそっと触れるという方法が一番多いようです。

この方法だと言葉にする必要がないので、女性側からも誘いやすいですし、
触れること=営みという構図を作っておけば、相手にそっと触れただけで
営みを行う合図だと分かるため、スムーズに営みを行うことが出来るでしょう。

また、テーブルの上に栄養剤を置いておくといった様な合図を使っている
夫婦もいるようです。これも触れることと同じく言葉を必要としない方法なので、
言葉で誘ったけれど断られたというような恥ずかしい思いをすることもないでしょう。

そのほかにも、布団の中に潜り込んでいって誘う、くっついて眠ることで
相手をその気にさせる、決まった時間にシャワーを浴びてそれを合図にする、
といったように、様々な方法で女性から営みに誘う工夫をしているようです。

やはり多いのは触れる、くっつくといったボディタッチと、
夫婦の間だけでわかる合図を決めるといった方法が多数を占めているようです。

共通して言えることは、どの方法も直接言葉にして誘うと言った方法ではない
ということでしょう。中にはストレートに言葉にして直接誘うという人もいるようですが、
それは少数ですから、何気なく自然な流れで誘う方法か、合図を送って相手を
その気にさせて営みを行う方法が最も気持ちを伝えやすい方法なのではないでしょうか。

 

香水で夫のリビドー(性衝動)を発動させるベッド専用香水「リビドーロゼ」
↓↓↓
リビドーロゼ

 

おすすめ記事