色気のある女性フェロモンという言葉はたびたび耳にしますがどういうものなのでしょうか?

フェロモンははっきりとした臭いとして感じることのできるものではありません。鼻の入り口の近くにある独自の器官が、フェロモンを感知するものだと言われています。

この器官が好ましいフェロモンを感知すると、ホルモンの分泌や性欲などに対して大切な役割を果たしている視床下部が反応するのだそうです。

この働きや仕組みは、今だに研究が続けられているものの、その奥深い仕組みには、まだまだ未知なる部分が多いのだそうです。

一般的に誰でも独自のフェロモンを外に発している状態であるようですが、その質や分量などに違いがあるようです。

しかし、ひとたび自分にとって好ましいフェロモンを嗅ぎつけてしまった場合、そのフェロモンの持ち主に自ら働きかけるようになってしまうのだそうです。

これは無意識にという深いレベルで起こる、行動の動機となるものです。

「理由は分からないけれど異性に惹かれてしまう」という現象を指しており、このような場合には相手のフェロモンを理想的なものとして自分の深い部分で感じとっています。

好みの異性を振り向かせる時に容姿やそのほかの魅力を相手にアピールをしたとしても、相手が理想と感じるフェロモンを自分が持っていなかったとしたら恋愛をスタートさせることが難しい場合もあります。

もちろん人間には知性などがあるため、価値観などの一致など、そういった事でも男女が結びつく場合があります。

しかし本能に働きかけるフェロモンの働きは強烈なものです。

自分にとって理想的なフェロモンの持ち主が目の前に現れたとしたら、その異性に惹かれることを思考で止めることは難しいことかもしれません。

 

フェロモンを意識した香り成分「オスモフェリン」配合のベッド専用香水「リビドーロゼ」
↓↓↓
リビドーロゼ

 

おすすめ記事