色気のある女性3フェロモンと色気は同じようなイメージがありますが、厳密には違いがあります。

フェロモンは自分でも意識できないような深い部分から無意識に発散しているものであり、臭いなどもまったくありません。

無意識に働きかける要素が強いため「なぜだか分からないけれどこの異性に惹かれてしまう」といった現象が起こります。

一方で色気というものは本人がもともと持っている素質が関係している場合もありますが、ある程度は演出などができるものです。

では色気のある女性になるにはどうすれば良いのでしょうか?

1.女性らしい身体の曲線を意識した服装

曲線を意識するというのは、身体にぴったりとした服ばかりを着るということではなく、全体的にメリハリを持たせた上で曲線的な印象を与えるということです。

また、少し肌を見せるような服装にするのも効果的です。男性心理では、控えめな肌の露出には色気を感じて、大胆に肌の露出をしている場合には色気を感じないことが多いからです。

2.自分のことを秘密めかす

相手のことが良く分からないと思うと相手に対して魅力を感じてしまうという心理が働くからです。自分のことをあからさまに相手に伝えてしまうと色気とはほど遠いイメージを与えてしまいます。

ただしなんでもかんでも秘密にすると逆効果になるのでバランスが大切です。

3.ゆったりとした流れるような動き

ゆったりとした流れるような動きは色気を演出する上で、大切なことであると言われています。物を扱う場合などに丁寧な動きを心掛けると、色気だけではなく動きに美しさが出てくるようになります。
 
いかがでしたでしょうか?
せひこの3つのポイントを意識して取り入れてみてください。

 
↓ベッド専用香水リビドーロゼの詳細はこちらから
リビドーロゼ

おすすめ記事