良好な夫婦関係

共働の夫婦の場合どうしても一緒にいる時間が限られてしまうため、徐々に距離が開いてしまうといったケースが多いといいます。しかし世の中すべての共働きの夫婦がそういった状態になっているわけではなく、仲良く夫婦生活を行っている夫婦もたくさんいます。

この違いは何なのでしょうか?
ここではいつまでも仲の良い夫婦でいるための3つの秘訣をご紹介します。

1.コミュニケーション

仲の良い夫婦で共通していることは、夫婦間でのコミュニケーションが取れていると言うことです。どんなにお互いに忙しくても、毎日少しでもいいからコミュニケーションをとること。この積み重ねが夫婦間の距離を離さない役割をしてくれます。「ありがとう」や「おはよう」といったちょっとした言葉だけでも効果があります。

コミュニケーションがなくなると不思議と相手への不満が溜まっていきます。そして不満のはけ口がないので久々に会話をすると喧嘩になってしまい、夫婦間の距離を離してしまう原因となります。そうならないように日頃から少しでもコミュニケーションを取るようにしましょう。

2.結婚指輪を身に付ける

結婚指輪は相手を生涯の伴侶と決めた証ですから、それを付けておくことで結婚しているということをいつでも再確認することが出来ます。たかが指輪と侮ることなかれ、実際に指輪を付けている夫婦と付けていない夫婦では、仲の良さに差が出るという話もあるくらいです。

指輪を付けていることは、夫婦間の絆を確認する上でも重要な役割を担っているわけです。

3.夫婦の営みを止めない

夫婦の営みは夫婦の仲の良さを表すバロメーターといっても過言ではありません。仲の良い夫婦ほど営みの回数も多いと言う結果があるくらいです。

共働きだとお互い仕事で疲れてしまってなかなか営みを行なうタイミングがなくなってしまいがちですが、営み自体を止めてしまうことは夫婦間の溝を深めてしまう原因になりますので、旅行に行った時など何かのタイミングで行なうようにしましょう。

営みのきっかけを作るのに効果あり。
夫のリビドー(性衝動)を発動させるベッド専用香水「リビドーロゼ」

↓↓↓

 
⇒夫婦関係に役立つ記事はこちら

おすすめ記事