男性を性的にメロメロにして、会ってすぐにその気にさせてしまうというコンセプトのフェロモン香水「リビドーロゼ」。

リビドーロゼ商品画像

 

身近な男性にモテるフェロモン香水としてはもちろんのこと、普段遣いとしても人気です。このリビドーロゼ、どんな匂いなのでしょうか?

 

リビドーロゼの香りの変化

 

リビドーロゼにはなんと約80種類もの香料が配合されている点が特徴です。またこれは香水全般に言えますがリビドーロゼも時間の経過とともに、いろいろな匂いに変化します。

 

最初の数十分で誘い込むのが甘いフルーティーベリーの香り、次に、性的な興奮を高めるのが、ミュゲ(スズラン)とジャスミンといったフローラル系の香り、さらに最後のほうまでセクシャルな印象を残すのが、ムスク系の落ち着いているのに不思議と艶めいた香り。 

 

意中の相手とデートをする際には会うタイミングでミドルノートが香るようにしておいて、本番のベッドイン直前にセクシャルな部位に塗りなおすのがポイントといえます。盛り上がった時に一番いい匂いがするというのは良いですね。
いい匂いは彼の記憶に強烈に残るはずです。

公式サイトはこちら
↓↓↓

 

おすすめ記事