マッサージ

私が彼と一緒にいてベッドに誘いたいなと思った時、
まず肩もみをするところからはじめます。

特に相手が疲れていそうだと感じる時はベストです。
男の人は疲れている時ほどしたい気持ちになりやすいらしいのです。

ですから、まずは普通に
「最近疲れてる? 肩凝ってるんじゃない?」
というように始めます。

私はこういう時のために日頃からマッサージの特訓をしているので、
割とすぐ気持ち良くなってくれます。

そうしたら今度は背中、腰と続けていき、
「足も揉んであげるから横になって」
という具合に自然にベッドに横にさせます。

しばらくは普通にマッサージをするのですが、
その途中で少しずつ、
相手が別の意味で気持ちよくなりそうなところをさりげなく触ります。

彼が靴下などを履いていた場合、
「やりにくいから脱がせていい?」
と聞いて、

徐々に他の部分も脱がせながらすると
なんとなくその気になってきます。

そのまま全部脱がせてしまえば
自然にベッドタイムにもつれ込むこともできます。

場合によってはマッサージをしている途中で、
「今度は僕がやってあげるよ」
というように、マッサージをしてもらえることもあります。

そういうパターンの場合でも、
だいたい彼が既にそういう気分になっていることがほとんどですので、
あとは身を任せていれば自然に始まります。

はじめから直球で誘うのは恥ずかしいしなんとなくムードに欠けるので、
私はこういう風に相手を気持ち良くしてから、
ベッドタイムに持ち込むようにしています。

 

ベッド専用香水リビドーロゼの詳細はこちらから
↓↓↓
リビドーロゼ

おすすめ記事